water water camel × 縁故節 歌詞大募集


4月19日に東京はアサヒアートスクエアにて
WATER WATER CAMEL 20th Anniversary
「甲州夜曲祭」の開催が決定しました。

当日は、スペシャル企画として、Water Water Camel による縁故節の演奏が行なわれます。縁故節は、即興で歌詞をつくりあうという山梨に受け継がれた盆踊りの楽曲。縁故節の歌詞は、みんなの歌詞。
甲州夜曲祭を記念して、あなたの歌詞を募集します。

選ばれた歌詞は、当日Water Water Camel の演奏によって披露されます。


【募集内容】

テーマ:自由。自分の思ってること、キャメルへの愛、地元への想い、プロポーズ、宣言、などなど、内容は自由です。


字数 : 短歌や俳句のように、文字数が決まってます。
7•7•7•5 に合わせて 歌詞を書いてみてください。

歌詞の例 
 
縁故踊れば (7) ここは 2回歌う
下駄の緒もかけるよ (7)
欠けりゃまた買う (7) ここは2回歌う
マタカケタ (5)  ションガイネ♪ 
——
 
【応募方法】

1. 歌詞 (7 7 7 5 )
2. 名前(ペンネーム可)
3. 歌詞のいきさつエピソードなど(お答えできる範囲で)

メ−ル  junbe.kob@gmail.com 
twitter のダイレクトメッセージ @kofuartfestival

まで 3月いっぱいまで 募集します!!!



<縁故節って?>
約70年ほど前、山梨県の山奥で即興で歌われたいた盆踊り。7775 の 節にあわせて 日々の想いを夜な夜な歌い踊っていたというもの。
こうふのまちの芸術祭では2010年から、参加アーティストが演奏。2014年にはこうふのまちの大盆踊り大会として、甲府駅北口歴史公園で行い大盛況をおさめました。歌詞の最後に歌われるションガイネは甲州弁でしょうがない という意味。甲州版”LET IT BE” 受け継がれた名曲です。 

https://www.youtube.com/watch?v=3Qpdfxi-qCs

こうふのまちの芸術祭